社会保険労務士

●TACを選んだ理由
仕事帰りに電車で通学できる利便さと、教室で受ける生講義が理解する早道だと思い、TACを選びました。

●合格に結びついた学習方法
過去問は、6月までに5回転させました。
そして、TAC全国模試(7月中旬)終了後、ラストスパートをかけました。
7月以降、試験日の前日までに、実力テスト5回、実力完成答練・総合答練3回、他校模試2回、TAC模試4回解きました。
目的条文をおろそかにしないよう、自分の声で録音し、CD作成して、通勤の行きかえりに車の中で聴いていました。
新しいものは購入せず、今まで使った教材を何度も繰り返して学習をした事が知識の定着となり、合格することができたと思います。
又、滝宮天満宮への合格祈願は、メンタル面で少し貢献してもらった感があります。

●学習中の反省点
前半の講義中、よく居眠りをしていました。大事な箇所を聴き逃し、WEB講義を何度も聴いたりして復習に手間取り、テストで基本事項を間違えて気落ちすることが多々ありました。

●受験生へ一言
直前期の過ごし方が一番大事だと思います。特に、7月、8月は毎日必ず問題演習すること。特に基礎中の基礎である実力テストをおろそかにしてはいけません。
私は、試験前日に実力テストを全科目2回転させ、翌日、スッキリした心地で本試験会場へと向かいました。
受験生の皆さん、自分スタイルでコツコツ努力を重ね、来年の8月、ガッツリと合格を勝ち取ってください。健闘をお祈り申し上げます。

参加予約:0120-30-3700