公務員講座/合格体験記

●TACを選んだ理由
予備校を選ぶ際、なんでも相談できる先生のいるところがいいと考えていたので、松元先生との面談や体験講義を通して「ここで勉強したい!」と感じ、TACを選びました。

●TAC高松校の良い点
真剣に勉強できる仲間と出会えた点が大きいと思います。
試験直前期はただでさえ気が滅入ってしまう時期でもあります。もし一人で試験対策を進めていたらうまくいっていなかったかもしれません。不安や質問を、松元先生にはもちろん、受講生同士でも言い合える環境がTAC高松校にあると思います。

●講義の受け方、レジュメの使い方
生講義では授業に集中して受けて、記憶にしっかり残るよう心がけました。特に法律科目や数的処理はイメージが大切になると思いますが、図式化してわかりやすい講義内容であるため、レジュメにしっかりメモして、わからなくなれば見返すことで勉強にとても役に立ちました。
また、DVD講義のレジュメには人物やポイントとなるところにインデックスやを貼ってすぐに索引できるように工夫していました。科目数が多い試験なのでちょっとした工夫の積み重ねが効率化のカギになると思います。

●合格に結びついた学習方法
先生からの勧めで、就寝前にその日の講義レジュメや問題に目を通すことを習慣にしましたが、これが大変役に立ちました。隙間時間などに書き溜めた講義メモに目を通して理解すると、直前期に大量の過去問を解く際にやっててよかったと感じると思います。私は特に法律科目で感じました。

●学習中の反省点
英語を苦手科目として捨ててしまった点です。英語の配点が大きい試験では足を引っ張ることになってしました。広く浅い状態でも、できる限り苦手科目を減らしておくべきだったと思います。

●受験生へ一言
自分の良いペースで勉強していけるように、不安や質問は早い段階で先生に相談しておいたほうがいいです。予備校に入るメリットはそこだと思います。あとはそのペースを習慣化して、家で集中できなければ自習室を使ったりモチベーションをあげる工夫をして試験に挑んでください。
勉強や対策の成果が「合格」という1番良い形で出ることを切に願っております。頑張ってください!

参加予約:0120-30-3700