公務員講座/合格体験記

●TACを選んだ理由
TACは他校に比べて料金設定が安価で授業も良いと知人から聞き、説明会に参加したのがきっかけでした。松元先生のアドバイスや知識量、人柄に感嘆し、TAC高松校との相性の良さを感じて入校を決めました。

●TAC高松校の良い点
定期的に行われる演習や模試が、勉強方法の見直しや、実力を試す機会になります。また授業や面談で、先生からモチベーションや危機感を煽るお言葉をいただき、頑張ろうと何度も思えました。
また、早い段階から面接対策や記述対策を行ってもらえるため試験全体を捉えた上で本番に備えることができました。

●講義の受け方、レジュメの使い方
講義は勿論ですが、演習には極力参加して、解法や時間感覚を実践形式で学びました。その場限りにならないよう、忘れた頃に見直すようにしていました。特に法律科目はレジュメと演習の復習だけでも得点源になれたのでお勧めです。

●合格に結びついた学習方法
日中は仕事、早朝や夜に勉強していたため、限られた時間内で得点源にしたい科目や分野を優先に、繰り返し学習しました。忘却曲線を想定し、復習のタイミングは、最小の労力で最大の効果が出るよう見計らいました。

●学習中の反省点
計画性が無く、校内の成績は悪くなかった事から冬頃まで能天気に過ごしていました。結果的に時間が足りなくなり、何でも早め早めに取りかかる重要性を痛感しました……中々難しいですが、必要な学習総量を早期に認識し、月や週の勉強量に落とし込むプロセスが必須であったと感じます。

●受験生へ一言
公務員試験は、自分の弱点と向き合う試験と感じました。私は計画性の無さや、詰めの甘さ、春先の体調不良で痛い目に合いました。それでも対策を考え、息抜きしながら挑戦していくことが、試験の醍醐味とも思います。当初第一志望の県庁が不合格でも、それ以上に入りたい官庁に出会えたり、これからも関係が続きそうな尊敬できる友人と励まし合ったり、松元先生からは本当に内定までご指導いただき、有難い一年半でした。周囲への感謝と、少しは自身の成長も得られますので、ぜひTAC高松校で自分らしく最後まで頑張ってみてください。

参加予約:0120-30-3700