公務員講座/合格体験記

●TACを選んだ理由
最初に訪問した際に、公務員試験について詳しく教えてくださり、これからのスケジュール等にも親身になって対応してくださったためです。また、講義を体験した際に、初めての自分でも非常に分かりやすい講義をしていたためです。

●TAC高松校の良い点
生講義の分かりやすさももちろんなのですが、復習のための演習講義をたくさん行っている点です。解説で、より難易度の高い分野の解説をしてくださることと、自分の立ち位置が分かる点が非常によかったです。また、毎月ごとに模試があることで、勉強の進捗度の認識にも繋がり、刺激にもなりました。

●講義の受け方、レジュメの使い方
レジュメは、V問題集で分からない分野を調べるために主に利用していました。また、演習講義等で新たな分野を勉強をした際には、どんどん書き込みをしていきました。レジュメを自分色に染めていくことが大切です。

●合格に結びついた学習方法
講義を受けた後は、すぐに該当する単元のV問題集を解くようにしていました。これにより、勉強した内容の定着が早くなる上に、V問題集を1周させた頃には、すべての範囲がある程度分かるようになっています。そして、2週目以降に難易度の高い知識を蓄えていく形をとっていました。
また、勉強の終盤になると、教科ごとの得意、不得意が明確になるので、それぞれ試験種の配点を考慮して、勉強することを心がけました。このことで、効率良く勉強した上で高得点を狙っていました。私の場合は、教養試験の数的処理が苦手だったので、その他の知識分野で点を取れるように、直前期は知識分野の勉強の比重をかなり厚くしていました。

●学習中の反省点
数的処理の勉強を後回しにしがちだったことです。配点の大きい科目で苦手意識を持つと、どこで点を補うかを模索する必要が出てきます。そうなる前に、継続して問題に取り組むことが大切だと思います。

●受験生に一言
公務員試験は、長丁場の戦いになります。その中で、ずっと勉強に集中することは不可能です。そこで、メリハリをつけることが非常に重要だと感じました。たまには、勉強を全くせずに、遊ぶ日を設けて息抜きもしてください。その日存分に遊ぶのために、勉強を頑張りましょう。
また、仲間の存在も大切です。いつも夜遅くまで自習している他の受講生を見て、自分も頑張ろうと思っていました。情報の交換もできますし、勇気持って他の受講生にも声をかけてみてください。 不安になることもあると思いますが、人生における成長のチャンスだと前向きに捉えて、頑張ってください。 受験生に一言

参加予約:0120-30-3700