公務員講座/合格体験記

●TACを選んだ理由
予備校を選ぶ際に、自分のペースで進めていけるかという点を意識していました。この点で、TACは面談の中で各個人の生活に合わせて勉強の進め方を丁寧に説明してもらえたこと、生講義とDVD視聴を自分の都合で組み合わせられることが、自分にはぴったりでした。

●TAC高松校の良かったところ
演習と校内模試の結果が貼り出されることは、最初は点数が悪いことが恥ずかしいと思っていましたが、段々やる気アップに繋がっていきました。モチベーションを高めるのはそれだけではなく、松元先生と定期的に行う面談は勉強に関する悩みや質問を解消するとてもいい機会でした。

●講義の受け方、レジュメの使い方
レジュメは先生が分かりやすくまとめてくれているので、大事な箇所にマーカーを引いていました。先生の話の中でなるほどと思ったことや、後から見返しただけじゃ分からないかもしれないと感じたことを空きスペースに書き込んでいました。また、テキストやV問題集を参照した時はそのページ数をメモしておくのがおすすめです!

●合格に結びついた学習方法
レジュメは復習には最適なので常に見やすくファイリングしていました。V問題集や過去問を解いた後に必ずレジュメを確認し、間違った問題のポイントとなる部分を書き込んでいました。文章を書くと面倒臭くなってやりたくなくなるので、簡潔かつ分かりやすい、単語や絵を書いていました。

●学習中の反省点
専門の主要科目の苦手を潰すことに集中していたため、教養科目には手を付けられなかった科目が多くありました。そのことは自分で予定していたため、覚悟していましたが、やはり試験直前は不安になりました。どこで点を取るか、しっかりと計画しておくといいかもしれません。

●受験生へ一言
私は一次試験の点数は決していい点ではなく、二次試験へ進めたのも奇跡的でした。しかし、そこでどうせ無理だと諦めるのではなく、挽回できるよう必死に対策しました。コツコツ勉強するのは本当に大変であると同時に、民間就職組とは違う境遇に心細くなったりします。しかし、TAC高松校で様々な人たちと接する中で、自分も頑張ろうという気持ちが高まってきます。一人じゃないということは力になります!ぜひ、そのことを頭の片隅に置いて勉強してみてください。応援しています!

参加予約:0120-30-3700