公務員講座/合格体験記

●TACを選んだ理由
松元先生の人柄や毎月の校内模試や面談等、一人一人の受講生にしっかり手をかけてくれるTAC高松校ならではの体制が決め手で選びました。

●TAC高松校の良かったところ
模試や演習をたくさん受けることができ、その時その時の自分の位置を知ることができるところです。 直前期の提出書類の添削や面接練習もしっかりやって頂いたおかげで本番でも落ち着いて試験に臨むことができました。 また、校内での授業が多くあるので、同じ目標を持った仲間と励ましあいながら学習できたところも良かったです。

●講義の受け方、レジュメの使い方
講義は覚えるというよりその場で理解するということに努め、必ずその日中か遅くても次の日には復習するということを心がけました。 レジュメは授業が終わった後や試験前に見直す他に過去問を解くときに分からなかった問題やあいまいなところがあった時に辞書代わりに使いました。

●合格に結びついた学習方法
演習や模試で間違った問題の知識を復習の際に講義のレジュメに一元化していました。そうすることでレジュメを確認する度にその間違った問題を思い出すので定着がしやすかったように思います。 直前期は教科ごとに学習時間を決めてできるだけ多くの教科を一日で学習できるように心がけていました。

●学習中の反省点
苦手科目を作ってしまったことです。私は経済科目が苦手だったので、好きな教科に比べると学習を後回しにしてしまっていました。もっとしっかり学習して苦手意識をなくすことが出来ていたら本試験でもより高得点がとれたのかなと思います。

●受験生へ一言
公務員試験はモチベーションの維持が大切です。私は9月の試験での最終合格と長丁場だったのですが、途中で悩んだ時には同じ目標を持った仲間と話したり、松元先生からアドバイスをもらったりしてモチベーションを維持することができました。 長期戦の試験ですので、なかなか難しいとは思いますが、自分なりの息抜きの方法も取り入れてモチベーションの維持に努めることができるかが勝負だと思います。 最後まで諦めず、自分を信じて頑張り抜いた者には必ず良い結果が出ます! 頑張ってください。

参加予約:0120-30-3700